女性の悩み解決!できたらいいな

女性特有のお悩み、解決するかもしれませんよ!?

オリーブオイルの驚くべき美容と健康効果:効能から選び方まで完全ガイド!

 

 オリーブオイルは、オリーブの果実から搾られた油で、主に地中海地方で古くから食用や美容用に使われてきました。オリーブオイルには、オレイン酸リノール酸といった不飽和脂肪酸や、ビタミンEやポリフェノールといった抗酸化成分が豊富に含まれています。これらの成分には、以下のような美容効果や健康効果があります。

 

 

 

美容効果

 

保湿効果

 オリーブオイルは、皮膚の水分を保持し、乾燥や小じわを防ぐ効果があります。オリーブオイルに含まれるオレイン酸やスクワレンは、皮膚のバリア機能を強化し、外部の刺激から肌を守ります。また、オリーブオイルは肌になじみやすく、さらっとした使用感が特徴です。


抗酸化効果

 オリーブオイルに含まれるビタミンEやポリフェノールは、活性酸素による肌の老化やダメージを防ぐ効果があります。活性酸素は、紫外線やストレスなどによって増え、シミやしわの原因になります。オリーブオイルは、肌のコラーゲンやエラスチンを保護し、ハリや弾力を維持する効果があります。


洗浄効果

 オリーブオイルは、油性の汚れを浮かせて落とす効果があります。メイクや毛穴の皮脂汚れをしっかりと落とし、肌を清潔に保ちます。また、オリーブオイルは肌に優しく、刺激や乾燥を引き起こしにくいです。


ツヤ効果

 オリーブオイルは、肌に薄い膜を形成し、ツヤを与えます。乾燥によるくすみやざらつきを改善し、肌を明るく滑らかにします。また、唇や爪などのケアにもおすすめです。

 


健康効果

 

コレステロール低下効果

 オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があります。コレステロールは、動脈硬化心筋梗塞などの心血管疾患のリスクを高める要因です。オリーブオイルは、血液の流れを改善し、心臓の負担を軽減する効果があります。


抗炎症効果

 オリーブオイルに含まれるポリフェノールには、抗炎症作用があります。炎症は、関節痛やアレルギーなどの慢性疾患の原因になります。オリーブオイルは、炎症を抑えることで、痛みや症状を緩和する効果があります。

 

血糖値調整効果

 オリーブオイルに含まれる不飽和脂肪酸は、インスリンの分泌を促進し、血糖値を下げる効果があります。血糖値が高いと、糖尿病や肥満などの生活習慣病のリスクが高まります。オリーブオイルは、糖質の吸収を抑えることで、血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。


ダイエット効果

 オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、脂肪の代謝を高める効果があります。オレイン酸は、脂肪をエネルギーに変える酵素の働きを活性化し、脂肪の燃焼を促進します。また、オリーブオイルは満腹感を与えることで、食欲を抑える効果があります。

 

 

オリーブオイルの種類と選び方

 オリーブオイルには、製法や品質によってさまざまな種類があります。オリーブオイルの種類によって、栄養価や風味、価格などが異なります。オリーブオイルの種類と選び方について、以下に説明します。

 

オリーブオイルの種類

 オリーブオイルの種類は、主に以下の4つに分けられます。

 

エキストラバージンオリーブオイル

 オリーブの果実から機械的な方法で搾ったオイルで、酸度が0.8%以下であることが条件です。オリーブオイルの中で最も品質が高く、栄養価や風味も豊かです。しかし、熱に弱いため、加熱調理には向きません。サラダやパンにかけたり、ドレッシングやマリネに使ったりするのがおすすめです。


バージンオリーブオイル

 エキストラバージンオリーブオイルと同じく、オリーブの果実から機械的な方法で搾ったオイルですが、酸度が2.0%以下であることが条件です。エキストラバージンオリーブオイルよりも品質や風味は劣りますが、栄養価はほぼ同じです。加熱調理にも耐えられるので、炒め物や揚げ物に使っても大丈夫です。

 

精製オリーブオイル

 バージンオリーブオイルの品質が低いものを化学的な方法で精製したオイルです。酸度は0.3%以下であることが条件です。精製することで、色やにおい、味が抜け、酸化しにくくなります。しかし、栄養価や風味も失われます。加熱調理には耐えられますが、生で食べるのはおすすめしません。


オリーブポマスオイル

 オリーブの果実から搾った後のかすに溶剤を使って抽出したオイルです。酸度は1.0%以下であることが条件です。オリーブオイルの中で最も品質が低く、栄養価や風味もほとんどありません。加熱調理には耐えられますが、生で食べるのはおすすめしません。

 


オリーブオイルの選び方

 オリーブオイルを選ぶときには、以下のポイントに注意しましょう。

 

ラベルを見る

 オリーブオイルの種類や酸度、原産国、賞味期限などが記載されているラベルを見て、自分の目的や好みに合ったものを選びましょう。エキストラバージンオイルやバージンオイルの場合は、収穫年や品種、生産者などの情報も参考になります。


色やにおいを確かめる

 オリーブオイルの色やにおいは、品質や風味の目安になります。エキストラバージンオイルやバージンオイルの場合は、鮮やかな緑色や黄色で、オリーブの香りが強いものが良質です。精製オイルやポマスオイルの場合は、色やにおいが薄いものが良質です。


容器を選ぶ

 オリーブオイルは、光や熱に弱いため、容器にも注意しましょう。光を通さないガラス瓶や金属缶のものがおすすめです。プラスチック瓶や透明なガラス瓶のものは、酸化しやすいので避けましょう。また、容器の大きさも考慮しましょう。オリーブオイルは開封後は早めに使い切るのが良いので、自分の消費量に合ったものを選びましょう。

 


オリーブオイルの使い方とおすすめ商品

 オリーブオイルは、さまざまな料理に使える万能な油です。オリーブオイルの使い方とおすすめ商品について、以下に紹介します。

 

オリーブオイルの使い方

 オリーブオイルは、以下のような使い方ができます。

 

生で食べる

 オリーブオイルは、そのままサラダやパンにかけたり、ドレッシングやマリネに使ったりすると、オリーブの風味や栄養を楽しめます。エキストラバージンオイルやバージンオイルがおすすめです。


加熱調理する

 オリーブオイルは、炒め物や揚げ物に使っても美味しくできます。オリーブオイルは他の油に比べて煙点が低いので、強火で長時間加熱すると酸化しやすくなります。その場合は、精製オイルやポマスオイルを使うか、他の油と混ぜて使いましょう。


保存する

 オリーブオイルは、ニンニクやハーブなどと一緒に瓶に入れて保存すると、香りや味が移ってアレンジオイルになります。オリーブオイルには抗菌作用があるので、保存が効きます。エキストラバージンオイルやバージンオイルがおすすめです。

 


オリーブオイルのおすすめ商品

 オリーブオイルは、さまざまなブランドや価格帯のものが販売されています。ここでは、オリーブオイルのおすすめ商品を5つ紹介します。

 

ボレイ エクストラバージンオリーブオイル プレミアム

 オリーブオイルの中でも最高品質であるコロネイキ種を使用しています。りんごのような風味と酸味が少ないので、サラダやカルパッチョなどにおすすめです。

 

カスティージョ・デ・カネナ 早摘み冷燻オリーブオイル アルベキーナ種

 スペイン産のオリーブオイルで、早摘みしたオリーブに冷燻したオークの木を加えて搾油しています。燻製の香りが特徴で、チーズや肉料理に合います。

 

ヴィラブランカ オーガニック エクストラバージンオリーブオイル

 イタリアのオーガニック農場で栽培されたオリーブを使用しています。フルーティーでバランスの良い味わいで、パスタやピザなどにおすすめです。

 

BOSCO オリーブオイル

 イタリア産のオリーブをブレンドしたピュアオリーブオイルです。まろやかでさっぱりとした口当たりで、炒め物やフライなどに使いやすいです。

 

モニーニ ピュア・オリーブオイルアンフォーラ

 イタリアの老舗オリーブオイルメーカーが作るピュアオリーブオイルです。アーモンドのような香りと黄金の色が特徴で、揚げ物や煮込み料理にもおすすめです。

 

 

 

まとめ

 オリーブオイルは、その多様な恩恵から、古くから食卓や美容ケアにおいて愛され続けています。豊富な美容効果は、保湿から抗酸化、洗浄効果、ツヤを与える効果まで多岐にわたり、肌や髪に優しく働きかけます。また、健康への効果も見逃せません。コレステロールの調整や抗炎症作用、血糖値の調整、さらにはダイエット効果まで、体の内側からサポートします。

 品質や種類に応じて選ぶことで、エキストラバージンオイルの豊かな風味をサラダやドレッシングに活かしたり、バージンオイルを炒め物に取り入れたり、健康志向の精製オイルを日常の料理に使ったりできます。品質の見極めや保存方法も重要で、ラベルや容器、保存方法にも注意を払いましょう。

 オリーブオイルは、日々の暮らしに欠かせないアイテムとして、食卓や美容ルーティンに組み込むことで、その恩恵を最大限に引き出すことができます。美味しさと健康を兼ね備えたこの万能なオイルを、賢く活用してみてください。

 

 

「PR」Oisixおためしセット