女性の悩み解決!できたらいいな

女性特有のお悩み、解決するかもしれませんよ!?

脂性肌トラブルと40代の肌老化を同時にケアする方法

 

 40代になると、肌の悩みは増える一方です。シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが目立ち始めるとともに、毛穴の開きやテカリ、ニキビなどの脂性肌のトラブルも気になります。

 

 脂性肌は、皮脂の分泌が過剰になることで起こる肌質です。皮脂は肌を保護する役割がありますが、過剰になると肌のバランスを崩し、肌トラブルの原因になります。また、皮脂は紫外線や乾燥によって酸化しやすく、肌の老化を促進することもあります。

 

 40代の脂性肌には、エイジングケアと脂性肌ケアの両方が必要です。しかし、どのようにケアすればいいのでしょうか? 今回は、40代の脂性肌におすすめのエイジングケア方法について、詳しくご紹介します。

 

 

 

40代の脂性肌の特徴と原因

 40代の脂性肌は、20代や30代の脂性肌とは異なる特徴があります。それは、 皮脂の分泌量は減っているのに、肌の表面はテカっている ということです。

 

 これは、 皮脂の分泌量と肌の水分量のバランスが崩れている ために起こります。40代になると、加齢や女性ホルモンの減少などによって、肌の水分保持能力が低下します。すると、肌は乾燥を防ごうとして、皮脂の分泌を促します。

 

 しかし、皮脂の分泌量は、20代や30代に比べて減っています。そのため、肌の内部は乾燥しながらも、肌の表面は皮脂でテカってしまうのです。この状態を 老化性脂性肌 と呼びます。

 

 老化性脂性肌は、以下のようなトラブルを引き起こす可能性があります。

 

  • 毛穴の開きや黒ずみ
  • ニキビや吹き出物
  • シミやくすみ
  • シワやたるみ
  • 肌荒れや敏感肌


 これらのトラブルを防ぐためには、エイジングケアと脂性肌ケアの両方が必要です。次の章では、その方法について説明します。

 

 

40代の脂性肌におすすめのエイジングケア方法

 40代の脂性肌におすすめのエイジングケア方法は、以下の4つです。

 

  • 保湿を徹底する
  • 洗顔を正しく行う
  • 紫外線対策をする
  • おすすめの化粧品を使う

 

 それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

 

保湿を徹底する

 40代の脂性肌の最大の原因は、肌の乾燥です。肌の乾燥は、肌のバリア機能を低下させ、肌トラブルや老化を促進します。そのため、保湿はエイジングケアの基本です。

 

保湿をするときは、以下のポイントに注意しましょう。

 

化粧水はたっぷりと浸透させる

 化粧水は、肌に水分を与えるだけでなく、肌の角質層を柔らかくして、その後に使う化粧品の浸透を高める役割があります。化粧水は、手のひらに500円玉くらいの量をとり、肌に優しく押し込むようになじませましょう。特に乾燥が気になる部分は、重ね付けすると効果的です。

 

乳液やクリームで水分を閉じ込める

 乳液やクリームは、化粧水で与えた水分を肌に閉じ込める役割があります。乳液やクリームを塗らないと、化粧水の水分はすぐに蒸発してしまいます。乳液やクリームは、適量を手にとり、顔全体になじませましょう。特に目元や口元など、シワができやすい部分は、念入りにケアしましょう。

 

保湿成分が豊富な化粧品を選ぶ

 保湿成分が豊富な化粧品を選ぶことも、保湿ケアには欠かせません。保湿成分には、以下のようなものがあります。

 

 

 これらの成分は、肌に水分を与えるだけでなく、肌のハリや弾力、透明感などを高める効果もあります。化粧品を選ぶときは、これらの成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

 

 保湿を徹底することで、肌の乾燥を防ぎ、肌のバランスを整えることができます。また、保湿は、肌の老化を遅らせることにもつながります。40代の脂性肌には、保湿が最も重要なエイジングケア方法です。

 

 

洗顔を正しく行う

 40代の脂性肌には、洗顔も大切なケア方法です。洗顔は、肌の表面に溜まった皮脂や汚れ、メイクなどを落とすことで、肌を清潔に保ちます。また、洗顔は、肌の角質層を薄くすることで、肌のターンオーバーを促進します。肌のターンオーバーとは、古い角質細胞が剥がれ落ちて、新しい角質細胞が生まれるサイクルのことです。肌のターンオーバーが正常に行われると、肌のトラブルや老化が防げます。

 

洗顔をするときは、以下のポイントに注意しましょう。

 

洗顔料は泡立てて使う

 洗顔料は、泡立てて使うことが大切です。泡立てることで、洗顔料が肌に均一に広がり、肌に負担をかけずに汚れを落とすことができます。泡立てるときは、手やネットではなく、専用の泡立て器を使うと効果的です。泡立て器は、細かくふわふわの泡を作ることができます。

 

洗顔料は肌に優しいものを選ぶ

 洗顔料は、肌に優しいものを選ぶことも大切です。肌に優しい洗顔料とは、以下のような特徴があります。

 

  • 界面活性剤が少ない
  • 酸性に近い
  • 保湿成分が含まれている

 

 界面活性剤とは、油と水を混ぜるために使われる成分のことです。洗顔料には、汚れを落とすために必要な成分ですが、過剰に使われると、肌の皮脂や水分まで奪ってしまいます。そのため、界面活性剤が少ない洗顔料を選ぶことがおすすめです。

 

 酸性に近い洗顔料とは、pHが5.5前後のものを指します。肌の表面は、弱酸性の皮脂膜で覆われており、これが肌を保護する役割を果たしています。しかし、アルカリ性洗顔料を使うと、この皮脂膜が破壊されてしまいます。そのため、酸性に近い洗顔料を選ぶことがおすすめです。

 

 保湿成分が含まれている洗顔料とは、ヒアルロン酸グリセリンなどの成分が入っているものを指します。これらの成分は、洗顔中に肌に水分を与えることで、乾燥を防ぎます。また、洗顔後にも肌に水分を残すことで、化粧水の浸透を高めます。そのため、保湿成分が含まれている洗顔料を選ぶことがおすすめです。

 

洗顔は1日2回にする

 洗顔は、1日2回にすることが理想です。朝と夜の2回です。朝は、夜に分泌された皮脂や汗、ほこりなどを落とすために洗顔します。夜は、メイクや日中に付着した皮脂や汚れ、紫外線などを落とすために洗顔します。洗顔は、1回につき1分程度で十分です。長く洗いすぎると、肌に必要な水分や皮脂まで奪ってしまいます。

 

洗顔後はすぐに化粧水をつける

 洗顔後は、すぐに化粧水をつけることが大切です。洗顔後は、肌が乾燥しやすい状態になっています。そのため、すぐに化粧水で水分を補給することで、肌の乾燥を防ぎます。化粧水をつけるときは、前述したように、たっぷりと浸透させることがポイントです。

 

 洗顔を正しく行うことで、肌を清潔に保ち、肌のターンオーバーを促進することができます。また、洗顔は、肌の水分バランスを整えることにもつながります。40代の脂性肌には、洗顔も重要なエイジングケア方法です。

 

 

紫外線対策をする

 40代の脂性肌には、紫外線対策も欠かせないエイジングケア方法です。紫外線は、肌に様々な悪影響を及ぼします。紫外線には、以下のような種類があります。

 

UVA

 UVAは、肌の奥深くまで届き、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を支える繊維を破壊します。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみの原因になります。また、UVAは、メラニン色素の生成を促進し、シミやくすみの原因になります。

 

UVB

 UVBは、肌の表面に届き、肌の細胞を傷つけます。すると、肌の炎症や赤み、水ぶくれなどの日焼けの症状が現れます。また、UVBは、皮脂の分泌を増やし、脂性肌のトラブルの原因になります。

 

UVC

 UVCは、地球の大気でほとんど吸収されるため、肌に届くことはほとんどありません。しかし、オゾン層が破壊されると、UVCも肌に届く可能性があります。UVCは、UVAやUVBよりも強力で、肌の細胞のDNAを変異させることがあります。すると、肌がんのリスクが高まります。

 


 紫外線は、肌の老化やトラブルの最大の原因です。そのため、紫外線対策は、エイジングケアに欠かせません。紫外線対策をするときは、以下のポイントに注意しましょう。

 

日焼け止めを塗る

 日焼け止めを塗ることは、紫外線対策の基本です。日焼け止めは、肌に紫外線を反射させるか、吸収させるか、散乱させるかのいずれかの方法で、肌を紫外線から守ります。日焼け止めを選ぶときは、以下のような特徴があります。

 

  • SPFPAの値が高い
  • ウォータープルーフやウォーターレジスタントのもの
  • 保湿成分が含まれているもの

 

 SPFPAの値は、日焼け止めの紫外線防御力を表す指標です。SPFは、UVBを防ぐ力を表し、PAは、UVAを防ぐ力を表します。SPFPAの値が高いほど、紫外線からの保護効果が高くなります。一般的には、SPFは30以上、PAは+++以上のものを選ぶことがおすすめです。

 

 ウォータープルーフやウォーターレジスタントの日焼け止めは、汗や水に強いものです。これらの日焼け止めは、汗や水によって落ちにくく、長時間の紫外線防御力を持ちます。しかし、完全に落ちないわけではありません。そのため、汗をかいたり、水に濡れたりしたら、こまめに塗り直すことが大切です。

 

 保湿成分が含まれている日焼け止めは、肌に水分を与えることで、乾燥を防ぎます。また、保湿成分は、日焼け止めの肌へのなじみを良くし、白浮きを防ぐ効果もあります。保湿成分には、前述したヒアルロン酸グリセリンなどがあります。

 

日焼け止めを塗るときは、以下のポイントに注意しましょう。

 

  • 顔には1円玉くらいの量を塗る
  • 首や耳、手の甲なども忘れずに塗る
  • 外出の30分前に塗る
  • 2~3時間ごとに塗り直す

 

 日焼け止めは、顔には1円玉くらいの量を塗ることが目安です。これは、約0.5gに相当します。日焼け止めの量が少ないと、紫外線防御力が低下します。日焼け止めは、顔全体に均一に広げることがポイントです。

 

 首や耳、手の甲なども、紫外線にさらされやすい部分です。これらの部分も、忘れずに日焼け止めを塗りましょう。特に、首はシミやシワができやすい部分です。首の日焼け止めは、顔と同じ量を塗ることがおすすめです。

 

 外出の30分前に日焼け止めを塗ることも大切です。日焼け止めは、肌に塗ってから時間が経つと、紫外線防御力が発揮されます。そのため、外出直前に塗っても、効果が十分ではありません。外出の30分前に日焼け止めを塗ることで、紫外線に備えることができます。

 

 2~3時間ごとに日焼け止めを塗り直すことも重要です。日焼け止めは、時間が経つと、紫外線防御力が低下します。また、汗や水、摩擦などによって、日焼け止めが落ちてしまうこともあります。そのため、2~3時間ごとに日焼け止めを塗り直すことで、紫外線からの保護効果を持続させることができます。

 

日傘や帽子などで日陰を作る

 日焼け止めを塗ることで、肌を紫外線から守ることができます。しかし、日焼け止めだけでは、紫外線を完全に防ぐことはできません。そのため、日傘や帽子などで日陰を作ることもおすすめです。日傘や帽子は、日焼け止めと併用することで、紫外線からの保護効果を高めることができます。

 

紫外線量が高い時間帯は外出を控える

 また、紫外線量が高い時間帯は、外出を控えることも大切です。紫外線量が高い時間帯とは、午前10時から午後2時までのことです。この時間帯は、紫外線の強さが最も高くなります。そのため、この時間帯は、できるだけ外出を避けるか、日陰を選んで歩くことがおすすめです。

 

 紫外線対策をすることで、肌の老化やトラブルを防ぐことができます。また、紫外線対策は、肌の美白や透明感にもつながります。40代の脂性肌には、紫外線対策も必要なエイジングケア方法です。

 

 

おすすめの化粧品を使う

 40代の脂性肌には、おすすめの化粧品を使うこともエイジングケア方法の一つです。化粧品は、肌に必要な栄養や水分を与えることで、肌のコンディションを整えます。また、化粧品は、肌の悩みに合わせて選ぶことで、肌のトラブルや老化を改善することができます。

 

40代の脂性肌におすすめの化粧品は、以下のような特徴があります。

 

エイジングケア成分が含まれている

 エイジングケア成分が含まれている化粧品とは、レチノールやビタミンC誘導体、コエンザイムQ10などの成分が入っているものを指します。これらの成分は、肌のコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌のハリや弾力を高める効果があります。また、シミやくすみを改善し、肌の透明感を高める効果もあります。エイジングケア成分が含まれている化粧品を使うことで、肌の老化を遅らせることができます。

 

脂性肌向けのもの

 脂性肌向けの化粧品とは、皮脂の分泌を抑えるか、余分な皮脂を吸収するかのいずれかの効果があるものを指します。皮脂の分泌を抑える化粧品には、サリチル酸やグリコール酸などの成分が入っているものがあります。これらの成分は、肌の角質層を薄くすることで、毛穴の詰まりを防ぎ、皮脂の分泌を正常化する効果があります。余分な皮脂を吸収する化粧品には、パウダー状のものや、クレイや炭などの成分が入っているものがあります。これらの成分は、肌の表面に付着した皮脂を吸着し、テカリや毛穴の開きを改善する効果があります。脂性肌向けの化粧品を使うことで、肌のバランスを整えることができます。

 

敏感肌用のもの

 敏感肌用の化粧品とは、肌に刺激を与えないか、肌のバリア機能を強化するかのいずれかの効果があるものを指します。肌に刺激を与えない化粧品には、アルコールや香料、着色料などの添加物が入っていないものがあります。これらの添加物は、肌の炎症やアレルギーを引き起こす可能性があります。そのため、敏感肌の人は、添加物が入っていない化粧品を選ぶことがおすすめです。肌のバリア機能を強化する化粧品には、セラミドヒアルロン酸などの成分が入っているものがあります。これらの成分は、肌の水分保持能力を高め、肌を外部の刺激から守る効果があります。敏感肌用の化粧品を使うことで、肌のコンディションを安定させることができます。

 

 

 40代の脂性肌におすすめの化粧品を使うことで、肌に必要な栄養や水分を与えることができます。また、肌の悩みに合わせて選ぶことで、肌のトラブルや老化を改善することができます。40代の脂性肌には、おすすめの化粧品を使うこともエイジングケア方法の一つです。

 

 

40代の脂性肌におすすめの商品

 ここまで、40代の脂性肌におすすめのエイジングケア方法についてご紹介しました。最後に、40代の脂性肌におすすめの商品をいくつかご紹介します。これらの商品は、エイジングケア成分や脂性肌向けの成分が含まれており、敏感肌の人にも使えるものです。

 

リンクルショット メディカル セラム

ポーラのエイジングケア美容液です。
レチノールやビタミンC誘導体などのエイジングケア成分が配合されています。
肌のシワを内側から埋める効果があります。
低刺激で敏感肌の人にも使えます。

 

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス

花王の日焼け止めです。
SPF50+ PA++++の高い紫外線防御力があります。
水のようにさらっとしたテクスチャーで、肌になじみやすく、白浮きしません。
ヒアルロン酸ロイヤルゼリーエキスなどの保湿成分が含まれています。

 

メンソレータム アクネス メディカル クリーム

ロート製薬のニキビ用クリームです。
サリチル酸やグリコール酸などの脂性肌向けの成分が配合されています。
毛穴の詰まりを除去し、皮脂の分泌を抑える効果があります。
無香料・無着色・無鉱物油で、敏感肌の人にも使えます。

 


 以上が、40代の脂性肌におすすめの商品です。これらの商品は、エイジングケアと脂性肌ケアの両方ができるものです。もちろん、これらの商品だけではなく、他の商品でも、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

 

 

まとめ

 40代の脂性肌におすすめのエイジングケア方法について、詳しくご紹介しました。40代の脂性肌には、以下の4つの方法がおすすめです。

 

  • 保湿を徹底する
  • 洗顔を正しく行う
  • 紫外線対策をする
  • おすすめの化粧品を使う

 

 これらの方法を実践することで、肌の乾燥やバランスを整え、肌の老化やトラブルを防ぐことができます。また、肌の美白や透明感にもつながります。40代の脂性肌には、エイジングケアと脂性肌ケアの両方が必要です。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

「PR」アルティモイストお試しセット