女性の悩み解決!できたらいいな

女性特有のお悩み、解決するかもしれませんよ!?

ハンドクリームの種類と選び方:手のケアに必要な情報とおすすめ商品

 

 手は毎日さまざまなものに触れたり、水仕事や消毒などで刺激を受けたりするため、乾燥や手荒れが起きやすい部位です。そんな手のケアに欠かせないのがハンドクリームです。しかし、ハンドクリームにはさまざまな種類や成分があり、自分の手の状態や好みに合ったものを選ぶのはなかなか難しいものです。

 そこで、この記事では、ハンドクリームの種類と選び方について詳しく解説します。また、おすすめの商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

ハンドクリームの種類

 ハンドクリームは、大きく分けて保湿タイプと修復タイプに分けられます。保湿タイプは、手の乾燥を防ぎ、水分を補給する効果があります。修復タイプは、手荒れやひび割れなどの症状を改善し、肌のバリア機能を回復する効果があります。それぞれの特徴と適した手の状態について、以下に説明します。

 

保湿タイプ

 保湿タイプのハンドクリームは、乾燥によるカサカサやゴワゴワといった手の不快感を和らげ、しっとりとした手触りにするものです。保湿成分としては、ヘパリン類似物質、セラミドヒアルロン酸グリセリン尿素などが配合されているものが多く見られます。これらの成分は、肌の水分を保持したり、引き寄せたり、蓄えたりする働きがあります。保湿タイプのハンドクリームは、手の乾燥が気になる方や、日常的に使いたい方におすすめです。ただし、保湿タイプのハンドクリームには、さっぱりタイプとしっとりタイプがあります。さっぱりタイプは、軽いテクスチャーでサラッとした使用感が特徴です。ベタつきが苦手な方や、夏場に使いたい方に向いています。しっとりタイプは、こってりとしたテクスチャーで潤いをしっかりと与える使用感が特徴です。乾燥がひどい方や、冬場に使いたい方に向いています。自分の好みや季節に合わせて、適したタイプを選ぶことが大切です。

 

修復タイプ

 修復タイプのハンドクリームは、手荒れやひび割れなどの肌トラブルを治療する効果があります。修復成分としては、グリチルリチン酸、ビタミンE、ワセリン、シアバターなどが配合されているものが多く見られます。これらの成分は、肌の炎症を抑えたり、血行を促進したり、水分の蒸発を防いだりする働きがあります。修復タイプのハンドクリームは、手荒れやひび割れがひどい方や、水仕事や消毒などで手が刺激を受ける方におすすめです。ただし、修復タイプのハンドクリームには、医薬部外品と一般的な化粧品があります。医薬部外品は、厚生労働省が定めた有効成分が一定の濃度以上含まれているもので、効能や効果が明確に示されています。一般的な化粧品は、医薬部外品よりも効果が弱いもので、効能や効果を主張することはできません。自分の手の状態に合わせて、適したタイプを選ぶことが大切です。

 

ハンドクリームの選び方

 ハンドクリームを選ぶときには、以下のポイントに注意してください。

  • 自分の手の状態や悩みに合わせて、保湿タイプか修復タイプかを選ぶ。
  • 保湿タイプの場合は、さっぱりタイプかしっとりタイプかを選ぶ。
  • 修復タイプの場合は、医薬部外品か一般的な化粧品かを選ぶ。
  • 配合されている成分や香りにアレルギーがないか確認する。
  • テクスチャーや使用感が自分の好みに合うか試してみる。

 

おすすめのハンドクリーム

 ここでは、保湿タイプと修復タイプのそれぞれから、おすすめのハンドクリームを紹介します。

 

保湿タイプ・さっぱりタイプ

 

メンソレータム ハンドベール うるさらバリアジェル

ヒアルロン酸配合で手元にうるおいを与えて、なめらかな肌感をキープします。有効成分によって肌荒れケア効果も期待できます。

 

ワンダーハニー とろとろハンドクリーム

とろとろのジェルクリームタイプで伸びが良く、お肌に馴染むとさらさらになります。豊富な香りラインナップから、お好みなものを選ぶことができます。

 

uka ハンドクリーム 24:45

水から手肌を守るハンドクリームで、水仕事をする方におすすめです。オーガニック認証を取得した成分で作られており、肌に優しいです。

 

 

保湿タイプ・しっとりタイプ

 

ベンヌ 薬用ハンドクリーム エンリッチ

乾燥小ジワをケアして透明感をアップします。アコヤ真珠エキスが手肌にハリ・ツヤをプラスします。肌表面にこすれに強い“ラップ”を作り有効成分を閉じ込めます。

 

ロクシタン シア ハンドクリーム

アバターがたっぷり配合されたハンドクリームで、乾燥した手肌に潤いを与えます。ハチミツやアーモンドなどの植物エキスも配合されており、甘い香りがします。

 

エトヴォス アロマモイストハンドクリーム

セラミドヒアルロン酸などの保湿成分が豊富に含まれたハンドクリームで、手肌のバリア機能をサポートします。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリーで、敏感肌の方にもおすすめです。

 

 

修復タイプ

 

アトリックス メディケイティッド エクストラクリーム

高密封集中リペア処方で、ひび割れやあかぎれをしっかり保護します。ビタミンEやヘパリン類似物質が配合されています。

 

ユースキンA

4つの有効成分と2つのうるおい成分が手荒れを防ぎます。ビタミンAやビタミンE誘導体が血行を促進し、回復を早めます。

 

エーザイ ザーネクリームE

血行促進作用のあるビタミンEが配合されています。ひび割れやあかぎれに効果的です。

 

 

 以上が、ハンドクリームの種類と選び方についての記事です。ハンドクリームは、手のケアに欠かせないアイテムです。自分の手の状態や好みに合ったものを選んで、手に優しくなじませてください。手の乾燥や手荒れが改善されると、気分も明るくなりますよ。この記事が、あなたのハンドクリーム選びの参考になれば幸いです。

 

 

「PR」

オーストラリア発オーガニックコスメ

「ジュリーク」の【スターターキット】